キャッシングとカードローンは同じなの?

キャッシングとカードローンは、ほとんどの同じようなものだと考えしまう場所がありますが、実際には違います。
返済の方法が異なり、キャッシングはほとんどの場合が一括払いで、カードローンでは、ほとんどの場合が分割払いという違いがあります。
ということは、少しだけお金が必要な場合には、キャッシングの方がお得かもしれません。
新しくカードローンを申し込むと、かならず審査があります。
そのプロセスのひとつとしてカード会社から勤務先へ電話がかかってくる場合があり、これを在籍確認と言います。
私用電話が携帯でなく会社の電話にかかること自体珍しいので、キャッシングだなと気づく人がいるかもしれません。
気まずいし、それでいて言い訳するのも気がひけます。
そんな不安を解消すべく、勤務先への電話確認を行わないで審査を済ませてくれるカード会社も最近は出てきています。
大手ほどしっかり対応してくれるようで、職場への電話を控えてもらいたいと伝えると、それ以外の方法(提出書類を増やす)で審査してくれる会社があります。
在籍確認を省くと融資上限がいくらか下がることがありますが、比較的少額の融資であれば、問題ないでしょう。
キャッシングをするときの審査って、心理的にちょっと負担ですよね。
実はものすごく簡単に完了し、即、振り込みになります。
高額なら審査も長くかかるかもしれませんが、普通は数十分、早いところで20分で終わりますし、ATMでサクッと取り出したり、口座に即入金というのがとくに珍しいことではないようです。
広告で見たことがあるかもしれませんが、収入証明不要の店も多く、スマホアプリだけで申し込み完結してしまうので、デジタル化の恩恵をフルに受けていると感じます。
キャッシングとひとまとまりに言っても借りづらいキャッシングと借りやすいキャッシングが存在します。
どちらにしても借りるとするなら借りやすい方を利用したいですよね。
どんな所が手軽に借りられるかといわれると一概に言うことはできません。
最近は大手バンクのカードローンだとしても手軽に借りられるようになっています。

住信SBI銀行MR.カードローンの在籍確認方法は?【家族・会社バレる?】