プロミスの審査申し込み方法は?ネットだけでできる?

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

消費者金融のプロミスのキャッシングと銀行のカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?それぞれ、ネット完結申し込みのメリットデネット完結申し込みのメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のプロミスのネット完結申し込みのメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますがネット完結申し込みができない銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデネット完結申し込みのメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

住宅ローンのように高額なローンは保証人や担保が必要ですがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンのネット完結申し込みのメリットであるスピード感が失われてしまいます。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされており成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちはプロミスのネット申し込みに借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

人気が高い金融機関の理由は金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しては借り手の経済力が大きく関わってくるので、人気に関しては影響しないと思われます。

人気ランキング上位のデータを上げてみますとどの消費者金融も審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

それよりも、手続きが分かりやすいということや自動契約機があることや提携ATMが多いことのほうが評価されるポイントになっています。

又、テレビやラジオで流れるCMで起用されるタレントさんやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

消費者金融のプロミスのキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きなタイミングでATMから返済できるので気軽に利用することができます。

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

住宅ローンは長期に渡って返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合にはカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。

消費者金融のプロミスのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

消費者金融のプロミスのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですがネット完結申し込みができない銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

引用:http://www.iconival.com/promise/kaisya.html

消費者金融のプロミスの最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですがネット完結申し込みができない銀行カードローンは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)ちなみに、ネット完結申し込みができない銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のプロミスのキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますが消費者金融のプロミスの場合は預金機能はありませんので、取引銀行口座を自由に設定できるネット完結申し込みのメリットもあります。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内でキャッシングのサービスも提供しています。

これに対して消費者金融とは貸金業専門の金融機関で限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

消費者金融と銀行の異なる点は業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

お金を借りることができる金融機関には銀行の他にも、消費者金融やクレジットカードなどがあります。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが最近は銀行でもカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。

金融機関とはお金を貸すことによって発生する利子で売上となり、企業としての利益として計上されます。

銀行と消費者金融のプロミスの金利を比較すると消費者金融のプロミスの金利の方が高ことが一般的です。

とはいえ、中には金利が高いネット完結申し込みができない銀行カードローンもありますので必ずしも消費者金融のプロミスのほうが金利が高いとは言い切れません。

消費者金融のプロミスのメリットは銀行に比べてお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これこそまさに過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて毎月の返済日に引き落としをされる約定返済が基本の返済方法です。

返済額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

ですから、利息の計算日までに極力元本を減らしておくこのが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済は多収入が多かった時にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちであまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

消費者金融業者の借入れ条件やデータはインターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるのでプロミスのネット申し込みにあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

しかも、ランキングサイトの中には、申し込み時の記入方法が細かく解説されていたり審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますが銀行の提供によるものと、消費者金融のプロミスの提供よるものとで2種類があります。

ネット完結申し込みができない銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですがその分審査も厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンといえます。

消費者金融のプロミスのキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

そのため、消費者金融のプロミスの方が銀行よりも不利と言えますが、消費者金融のプロミスのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですからとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。