クレジットカードの審査が期間という噂の真相は?

クレジットカード作れる

クレジットカードをまだ作っていない人の中には雇用形態が契約社員なのが不安で申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説のように言われている契約社員やアルバイトではカードが作れないという話の影響も多少ありそうです。

結論から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。

では、雇用形態が非正規でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、申し込んでいるカードが年収に見合っているか、勤続年数が何年くらいになるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客像があり、例えばゴールドカードでは年収が400万円以上の方向けと言うように条件が設定されています。

各種ローンなどの金融関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を記載する欄がありますよね。

審査でどんな意味を持つのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年以下でも大丈夫です。

審査では今までの返済履歴のように確認する項目が他にあり、確認のしようがない項目はそこまで大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、最近では転職する人も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

そこで以前のクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

最近、イベントなどで電子チケットの利用が増加してきており、イベントによってはクレジットカード払いのみなど現代では必需品のようになっていると言っても過言ではないです。

そのため、クレジットカードを申し込んだ際に審査通らないということがないように重要なポイントを確認しましょう。

審査の際に重要なのは安定した収入があるかや職業などの属性がどうなのか、信用情報は大丈夫かという実績です。

例えば、正規雇用ではなく、アルバイトなどの非正規雇用の場合は審査が厳しくなると聞くことも多いです。

信用情報については支払い期日があるものをちゃんと払う人なのかを見られています。

ネットで買い物をするのにクレジットカードがあると便利なので申し込んだら審査落ちしてしまったという話を聞きます。

落ちる理由として多いのが信用情報に問題があることです。

例えば、以前借りていたローンの返済を滞納してしまった、公共料金の支払いを忘れてしまったといった場合です。

こういった返済期日、支払い期日があるものはしっかり返済していないとクレカを発行した後に利用した際、引き落とし日に口座にお金が入っていないことがあり、返済されないと思われてしまうからです。

最近増えているのが携帯料金の払い忘れが原因の場合です。

特に若い人はクレカなどの金融知識が少ない人も多いので気をつけましょう。

周りの人にあまり知られたくないことってありますよね。

例えば、ローンを組むことやクレジットカードを作ることなどです。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話の有無やその際に何を聞かれるか不安で申し込めないという人もいるようです。

そもそも本当に在籍確認がかかってくるのかを調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートを行ったデータが見つかりました。

約2割の人が電話がかかってきたという調査もあります。

なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないと考えられます。

ただ、カード会社を選ぶことによってその確率が低くなる可能性もあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は申込者が多く機械でのスコア審査を導入しています。

社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる人も多いそうです。

できれば大学生のうちに持つべきという人もいるくらいです。

その理由としては、早いうちからクレカ決済を返済することでクレジットヒストリーが積み上がるからです。

クレジットヒストリーがあるとローンを組む際の審査で有利になります。

逆にここでカード決済のトラブルが何度も続くと信用情報が悪化し、ローンなどを組む際に不利になります。

クレジットヒストリーはクレカの支払いだけでなく水道料金や携帯料金をうっかり払い忘れても信用情報にキズがつきます。

スピード審査をウリした会社

周りの人にあまり知られたくない内容ってありますよね。

ローンを組むことやクレジットカードを作ることと答える人は多いと思います。

そのため、カードが欲しいのに在籍確認の電話やその際に何を質問されるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に在籍確認の連絡があるのかデータがないか調べたところ実際にカードを申し込んだ300人にアンケートを行った結果、約2割の人が電話がかかってきたという調査もあります。

なので、絶対に連絡のないカード会社というものはないということです。

ただ、カード会社によってはその確率が低いこともあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は機械によるスコア審査がメインになるので低くなると考えられます。

各種ローンなどの金融関係の申し込みを行う際に必ず、勤続年数を記載する欄が用意されています。

審査でどんな影響を与えるのかが気になったので調べてみました。

クレジットカードの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年以下でも大丈夫です。

審査では他に返済履歴など重要な項目があり、確認のしようがない項目はそれほど大きな影響にならないという説もあります。

ただ、ここ数年で転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む際に盛った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

そこで以前のクレジットカードの利用履歴が出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

クレジットカードをまだ持っていない社会人の方の中には雇用形態が契約社員なのが不安で申し込んでいないという人もいるようです。

都市伝説的に言われている契約社員やアルバイトではカードが作れないというウワサ話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイト待遇でも作ることはできます。

では、雇用形態が非正規でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、申し込んでいるカードが年収に見合っているか、勤続年数が何年くらいになるのか、信用情報に傷がないかが重要だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客像があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方で30代以上の方向けと言うように設定されています。

最近、イベントなどの電子チケットなどでクレカ支払いのみなどクレジットカードが必要な場面も増えてきました。

現在、クレカを所持している方はいいのですが所持していない場合はカードの発行元に申し込んで発行しなければいけません。

初めてクレカを発行する場合、気になるのが審査がどうなっているのか、厳しいのかということです。

審査のポイントとしては、継続して安定した収入があるのかという部分と公共料金やローン支払いを滞納したことがないかという信用情報です。

収入面は年収からいくらまで貸せるかや返済能力があるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを見ています。

クレジットカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど様々な種類が多くてどれを選べばいいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社の場合は、独自の審査基準を持っている場合が多く中には審査に通るのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉を聞いたこともあると思いますがこの2種類に関してはカード会社から案内されて作れるようになります。

基本的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が重要と言われています。

早くカードを作りたいという場合は審査が早い会社ランキングなども参考にしてみてください。

買い物の支払い時に現金の持ち合わせがないことがわかったときやネットショッピングなど利用する場面の多くなってきているクレジットカードですが新社会人の方など若い人の中にはまだ持っていない人もいます。

最近では、ライブなどのイベントで転売防止で電子チケットが採用されることも増え、クレカ払いしかできない場合もあります。

そんな時に、クレカを所持していない方は諦めてしまうこともありますがカード会社によっては即日発行できます。

例えば、イオンカードの場合ではWEBで申し込みをして審査結果がその日のうちにわかります。

合格していれば店頭でその日のうちに受け取れます。