クレジットカードの審査についての学生の期間まとめ

就職したらクレジットカード作ろう

就職をして社会人になった際にできるだけ早く用意したいものとしてクレジットカードを挙げる人も多いです。

できることなら大学生のうちに作っておくべきという人もいるくらいです。

なぜかというと、早いうちからクレカ決済を利用してクレジットヒストリーが積み上がる利点が大きいからです。

クレジットヒストリーがあるとローンが必要になった際の審査で有利になります。

逆にここでカード決済の返し忘れが複数回続くとクレジットヒストリーが悪くなり、ローンなどを組む際に不利になります。

クレジットヒストリーはクレカの支払いだけでなく水道料金や最近多くなっている携帯料金の払い忘れも信用情報にキズがつきます。

家事手伝いと専業主婦、この2つは似ているようのも感じますがクレジットカードを作る際やローンを組む際に大きな違いがあります。

職業欄に家事手伝いと書いてある場合、ほぼどのカード会社でも審査に落ちるという話もあります。

逆に主婦の場合は、カード会社次第ですが審査に通ることがあります。

なぜかというとどちらも収入はないですが、養ってくれる夫の存在がでかいからです。

夫が正社員として継続して安定した収入があれば返済も問題ないだろうと判断できるためです。

作ってもあまり使わないという場合もあるためカードを新たに作る時は年会費無料のカードを申し込みましょう。

PCなどの高額な買い物をするときに皆さんは支払い方法をどうしますか?現金主義な人もいると思いますが多くの方は現金を持たなくていいので楽な反面、ただ、大学生や社会人になりたての場合はカードを持っていないこともあります。

審査をしてカードを発行しないと当然ですがカード払いはできません。

申し込みをするにはショッピング施設で申し込む方法や申し込みをするには商業施設で申し込む方法や手軽にできるネットでの申し込みがあります。

結果がわかるまでの審査期間は即日が多いです。

カード審査の期間は即日出ることが多いですが実際にカードが手元に届くまではもう少し時間がかかります。

最近、ライブチケットなどでクレカ支払いのみ対応などクレジットカードが必要な場合が増えてきました。

現在、クレカを所持している方はいいのですが所持していない場合は各カード会社に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを発行する場合、特に心配なのが審査がどう行われているのか、基準は厳しいのかということです。

審査で重要な点としては、安定した収入があるのかという部分と公共料金やローン支払いを滞納したことがないかという信用情報です。

収入面は年収などから返済能力がどのくらいあるのか、信用情報は期日通りにちゃんと返済してもらえるのかを見ています。

高額な買い物をする際やネットショッピングなどでクレジットカードは非常に便利ですがカード会社に申し込み、審査に通らないと発行されません。

審査で重要なのは安定した収入があるかとクレジットヒストリーです。

学生時代にはあまり聞かない信用情報とはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返済されるかなどの記録です。

そのため、ローンの支払い期日や公共料金の支払いなどはきっちり行うことが重要です。

最近、若者を中心に増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れだけでなく、たまたま口座にお金が入っていなかったということもあるので気をつけましょう。

クレジットカードをまだ作っていない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に落ちると考えている人もいるようです。

都市伝説的に言われている非正規雇用ではカードが発行できないという話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイト待遇でも作ることはできます。

では、雇用形態が非正規でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったコースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に問題がないかが重要だとされています。

カード会社やカードのコースによって想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けなどと設定されています。

クレジットカード問題なく通るためには

クレジットカードについて調べているとこのような話が見られます。

それは住宅ローンを契約していてもクレカは作れるの?ということです。

そういった話の中でたまに、銀行で住宅ローンを借りているから信販系のクレカを作るときには関係ないという人もいますが両方とも信用情報機関に情報が残るので完全に無関係とは言えません。

審査の面でも住宅ローンを滞納せずに返済できていれば逆にプラスに判断されることもあるくらいです。

問題なくローンの返済ができている状態で審査に落ちた場合は、申込書に書いてある属性などの別の部分が原因と考えたほうがいいでしょう。

見落としがちなのは不注意からくる公共料金や携帯料金の払い忘れなどです。

買い物をするときにキャッシュレスで便利なクレジットカードですがネット上には審査なしでカード発行は可能なの?という質問を見かけます。

結論から言うと審査なしでカードは作れません。

申し込み時に必ず審査が入ることになっています。

なぜ審査をするかというとカード会社からすると貸したお金が返ってこないということが1番困ることです。

なので申し込みが入ると提供された情報からいくらまで貸せるか、前に公共料金などの返済が滞っていたことがないかを確認しています。

若い人が見落としがちなのが携帯料金の未払いです。

公共料金の払い忘れなどはカード審査だけでなくローン審査にも関わるので気をつけましょう。

よくTVなどで見るクレジットカード会社と聞いて思い浮かべるのはどのカード会社でしょうか?楽天カードを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

CMのおかげか、実際に多くの人が持っていて利用しています。

クレカを作ろうと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思い、実際に調べてみました。

審査で重要とされているのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引履歴と言われています。

勤務先の情報などをうっかり入力ミスで間違えても虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので気をつけてください。

買い物をして会計時に現金の持ち合わせがないことがわかったときやネットショッピングなど利用する場面の多くなってきているクレジットカードですが若い人はまだ持っていない場合もあります。

最近では、ライブなどで電子チケットが採用されることも増え、先行抽選時はクレカ払いのみなんていうこともあります。

そんな時に、クレカを所持していない方は諦めてしまうこともありますが即日発行できるカードなどが最近では出てきています。

主に、イオンカードや消費者金融系のカード会社です。

流れとしてはWEB申し込みをして審査が30分以内に終わり、合格していればイオン銀行の店頭やクレジットカウンターでその日のうちに受け取れます。

クレジットカードをまだ所持していない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に通るかわからないという人もいるようです。

契約社員やアルバイトではカードが作れないというカードが発行できないという話の影響も多少ありそうです。

結果から言うとアルバイト待遇でも作ることはできます。

では、雇用形態が非正規でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、申し込んでいるカードが年収に見合っているか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが大切だとされています。

カード会社やカードの種類によって想定している顧客像があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けなどと設定されています。

最近、イベントのチケットなどで先行抽選分はクレカ支払いのみなどクレジットカードが必要な場合が増えてきました。

現在、クレカを持っている方は問題ないですが持っていない場合は各カード会社に申し込んで発行しなければいけません。

初めてカードを申し込む場合、気になるのが審査基準が厳しいのかということです。

審査で見られるポイントとしては、安定した収入があるのかという部分とクレジットヒストリーとも呼ばれる信用情報です。

収入面は返済能力に問題がないか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを見ています。