ちょっと待った!クレジットカードの審査の期間

クレジットカードで高額商品購入

クレジットカードが欲しいと思い調べてみるとカード会社やゴールドカードなど種類が多くてどれを選べばいいか迷うという人もいるのではないでしょうか。

特にカード会社ごとに独自の審査基準を設けている場合が多く審査に合格するのが難しいカード会社もあります。

プラチナカードやブラックカードという言葉を聞いたこともあると思いますがこの2つに関してはカード会社から案内されないと作れません。

一般的に自分から申し込んで発行できるカードはゴールドカードまでとなっています。

自分から申し込む場合は年収と信用情報が審査で重要と言われています。

カード会社選びにランキングサイトも活用してみてください。

高額な買い物をする際に現金を準備せずに買い物ができる便利なクレジットカードですがカード会社に申し込みをして審査に通らないと発行されません。

申し込み時に重要なのは安定した収入があるかとクレヒスです。

クレヒスとはどういったものかというと以前借りていたカードローンなどを滞りなく返していたかなどのデータです。

そのため、ローンの支払い期日や公共料金の支払いなどはきっちり行うことが重要です。

最近、増えているのが携帯料金の払い忘れです。

払い忘れるだけでなく、口座から出金したタイミングでお金が入っていなくても止まることがあるので気をつけましょう。

ここ数年、イベントのチケットなどが電子チケット化し始め、クレジットカードが必要な場面も増えてきました。

普段からクレカを利用している方はいいのですが持っていない場合はカード会社に申し込んで作らなければいけません。

初めてカードを申し込む場合、気になるのが審査がどう行われているのか、基準は厳しいのかということです。

主な審査ポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と他にローンを借りているかなどの信用情報です。

収入面は年収などから返済能力がどのくらいあるのか、信用情報は滞納せずに返済してもらえるのかを見ています。

よくTVなどで見るクレジットカード会社と聞いてみなさんがイメージするのはどの会社ですか?大半の人は楽天カードを思い浮かべるのではないでしょうか。

実際に多くの人が持っていて利用しているカードです。

クレカを作ろうと思っている方からすると審査の難易度はどうなっているの?ということが知りたいところだと思い、実際に調べてみました。

審査基準を公開していませんが審査で重要なのは申し込み時に入力した情報と申込者が以前借りていたローンなどの信用取引履歴です。

普段あまり書かない勤務先の情報などをうっかり入力ミスしても虚偽申請とみなされ、審査に通らなくなることもあるので気をつけてください。

ローンなどの金融関係の申し込みを行う時に必ず、勤続年数を記載する欄がありますよね。

審査でどんな意味を持つのかが気になったのでネットで調べてみました。

クレジットカード申し込みの場合、勤続年数1年以上が最低ラインになっていることが多いですが新社会人をターゲットにしているカードでは1年未満でもOKです。

審査では返済履歴など確認が重要な項目が他にあり、確認方法がない項目はそれほど大きな影響を与えないという説もあります。

ただ、最近では転職の機会も増え、転職したばかりの人が申し込む時に盛った情報・誤った情報を書いてしまおうか考えてしまう人もいます。

そこで古いクレジットカードの利用履歴が紹介して出てきたら辻褄が合わなくなりバレてしまうことになます。

高額な買い物をするときの支払い方法を皆さんはどうしていますか?多くの方はクレジットカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

クレジットカード払いを利用する方が多いのではないでしょうか。

便利な反面、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるのでその場合、カードの発行をお勧めします。

申し込みをするにはショッピング施設で申し込む方法や自宅から手軽にできるネットでの申し込みがあります。

手軽にできるネットでの申し込みがあります。

申し込みでは年収などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

カード審査の期間は即日出ることが多いですが実際にカードが手元に届くまではもう少し時間がかかります。

クレジットカードとアルバイト

高額な買い物をするときの支払い方法を皆さんはどうしていますか?現金主義な人もいると思いますが多くの方はクレジットカードを活用する方が多いのではないでしょうか。

便利な反面、大学生や社会人になりたての場合は持っていない場合もあるので審査をしてカードを発行しないと当然ですがカード払いはできません。

初めてカードを発行するときについて説明します。

申し込みをするには窓口も兼ねた提携ショップで申し込む方法や申し込みでは年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に用意しておきましょう。

申し込みをする際に年収や引き落とし口座などを聞かれるので事前に確認しておきましょう。

審査期間は即日というところが多いですが実際にカードが届くまでは2週間前後かかります。

クレジットカードをまだ所持していない人の中には雇用形態が契約社員なので申し込んでも審査に落ちると考えている人もいるようです。

契約社員やアルバイトではカードが作れないというカードが作れないという話の影響も少なからずありそうです。

結果から言うとアルバイトなどでも作ることはできます。

では、非正規雇用待遇でカードを作る際に重要なことはなんでしょうか。

それは、年収に見合ったコースに申し込んでいるか、勤続年数がどのくらいあるのか、信用情報に傷がないかが大切だとされています。

カード会社やカード種別に想定している条件があり、例えばゴールドカードの場合は一定以上の年収の方向けなどと設定されています。

職場の人にあまり知られたくないことといえばローンを組むことやクレジットカードを作ることと答える人は多いと思います。

そのため、クレカを作りたいのに在籍確認の電話の有無やその際にどんなことを聞かれるか不安で申し込めないという方もいるようです。

そもそも本当に連絡があるのかをネットで調べてみたところ、実際にカードを作った300人にアンケートを行ったデータが見つかりました。

約20%の人が電話がかかってきたという調査もあります。

そのため、絶対に連絡のないカード会社はないということです。

ただ、カード会社を選ぶことによってその確率が低くなる可能性もあります。

例えば、スピード審査をウリにしている会社は連絡の確率は低くなると言われています。

ローンやクレジットカードを申し込む際に重要なことって何を思い浮かべますか?収入を挙げる人もいれば、信用情報をあげる人もいます。

中には職業などの属性をあげる人もいますね。

では、実際に審査ではどんな影響があるのかを確認しましょう。

年収つまり収入は安定した収入があれば借入できる金額や毎月の返済額がどのくらいまでなら大丈夫なのかを計算しています。

職業などの部分も正社員なら安定した収入が見込める、アルバイトの場合は収入が不安定に見られることが多いです。

信用情報は公共料金の支払いなどが問題なく行われているかを見ており、期日を守って支払いをする人かを見ています。

クレジットカードについて周囲の人に聞くと勤務先に電話で在籍確認がきた経験のある人とない人がいます。

中には、カードを作る際に勤務先に確認をされたくない人もいると思います。

ただ、絶対に連絡のないカード会社というものはなく可能性が低いカード会社を選ぶしかありません。

連絡の可能性が低いとされるカード会社の特徴としては、最短30分などスピード審査をウリにしている会社です。

スピード審査の場合、申し込み数が多く、人力で全てを確認することができず、機械によるスコア審査を行っていることが多いです。

そのため、連絡が来る可能性が少ないと言われています。

最近、イベントのチケットなどで先行分はクレカ支払いのみなどクレジットカード支払いのみ対応などクレカが必要な時が増えてきました。

現在、クレカを持っている方はいいのですが持っていない場合はカードの発行元に申し込んで発行しなければいけません。

初めてクレカを発行する場合、気になるのが審査がどうなっているのか、厳しいのかということです。

主な審査ポイントとしては、安定した収入があるのかという部分と金融業界でクレジットヒストリーと呼ばれる信用情報です。

収入面は年収などから返済能力がどのくらいあるのか、信用情報は期日通りに返済してもらえるのかを見ています。